返済遅れで法外な金利の請求がある?

キャッシングする女性

キャッシングに関しての噂としては、しっかりと返済している場合はいいが、返済が遅れたら法外な金利を請求されるのでは?というのがあります。

実際、キャッシングをして返済予定日までに定められた額を返済しなかった場合、金融機関によっては遅延損害金を請求されることがあります。

そして、その遅延損害金は確かに通常の金利よりも高い金利となってしまうことがあります。

たいていのキャッシング会社では遅延損害金は20.0%程度というところが多いです。

キャッシングの金利の上限は利息制限法に定められており、10万円未満で年利20.0%、10万円以上100万円未満で年利18.0%、100万円以上なら年利15.0%となります。

そのため10万円以上のキャッシングをしている場合に遅延損害金として20.0%を請求してきたら、これは違法なのでは?法外な金利なのでは?と思う事でしょう。

確かに、通常の金利として10万円以上で20.0%の金利を請求したらこれは違法となり、元金すら返済する必要がなくなるのです。

ですが、遅延損害金に関しては上限が変わってきます。

遅延損害金の上限は通常の金利の1.46倍までOKとなっているので、10万円未満で年利29.2%、10万円以上100万円未満で26.28%、100万円以上で21.9%となるのです。

つまり、一般的な遅延損害金の年利20.0%というのはその範囲内ですので法外な金利という訳ではありません。

ただ、ヤミ金や街金などの悪徳金融はそれよりも高い遅延損害金を請求してくるところもあります。

もしその場合は違法ですから支払う必要はありません。

【運営者】

運営者本人ではありません。

キャッシングは注意して利用しましょう!

そうすれば心強い味方になります!

キャッシングの金利